Photo Gallery

どーも、kohi123です。

P1001025.jpg
只今製作中の「フルアクションちぃたん」が煮詰まっているので本日は小ネタを…。


前回「レトロ製氷機」の記事を書いたらコメントで皆さんの意見を色々聞けたので嬉しかったです。
kori.png

コメントの延長で前から疑問に思ってることを書きました。
私が幼少の頃 家にあった缶ジュースはプルタブが無くて上下缶詰状態 どこにも飲み口がありませんでした。
1缶
これをどうやって飲むかというと
2缶
付属の缶切りのような器具でフタに穴を二カ所開けて飲む というものです。

この話を同級生に言っても誰も知らなかったのですが、最近ブログ訪問して頂いている「みすたあさん」が確かに昔の缶ジュースはこんなんだったと教えて頂きました。
やはり私の記憶は正しかった。 みすたあさん あざ~ッス!

ついでにジュースの思い出をもう一つ。 
昔は自動販売機で1ℓジュースが普通に売ってましたよね。
コーラ
お客さんが来た時によく買いに行かされましたが ガラス瓶なので小学生にはコイツがやたら重かった。
重いので自販機から落ちてくるときも「ガチャン!ガゴゴゴッ!」と凄い音してましたよね。

今でも色んなジュースが出てますが一番好きだったのは
サンキスト
「サンキスト」
これは味も良かったですがパッケージのデザインと缶のギザギザがイカしてた。


最後に前回の御当地ネタで
ラーフル
黒板消しを鹿児島の人間は「ラーフル」と言う話をしました。
今回も鹿児島だけ(?)の呼び名をご紹介。

芋
皆さんコレなんと呼びます?
「サツマイモ」?…… 鹿児島の人はサツマイモとは呼びません。
「カライモ」と言います。

他県では薩摩から広まったから「薩摩芋」と呼んでいるのでしょうが、
当の薩摩は唐から(琉球経由)輸入して根付いたので「唐芋」と呼んでます。

なんの役にも立たないトリビアをあなたに………。


次回「ちぃたん」頑張ります。




模型・プラモデルランキング


スポンサーサイト
どーも、kohi123です。

「ちぃたん」サクッと終わらせるはずが私のテクが無いせいでなかなか手強い相手です。
ちぃー

一見単純に見える顔なのですが、線が少ないと逆に誤魔化しが効かず難航。
下地に「ジバニャン」を使っていますが、
P1000953.jpg P1000985.jpg
口・目の位置が違うし、頭の形もおにぎり型ではなく丸顔なので「ジバニャン」よりも

どらみ
「ドラミちゃん」から作った方が早かったかもしれません……。

P1001025.jpg
前回 ボディの下地が出来たので今回は足を作ります。

キック
ちぃたんの足はガッチリしていてキック力も抜群なので、
(ちぃたん動画)

P1001034.jpg
黄色い人からもらうことにしました。

P1001035.jpg
この黄色い人はジャンク品にて¥100で購入していたのですが丁度良さそうです。

P1001036.jpg
ボールジョイントと接続してこんな感じに。

P1001040.jpg P1001038.jpg
見ての通り関節をボールジョイントにして「フルアクション・ちぃたん」になる予定です。

P1001050.jpg
スリッパ状態の上にエポパテを盛って足を大型化します。

P1001056.jpg
ちぃたんの足の裏がどうなってるかわかりませんが もったいないのでモールドは残すことにします。

それと上半身がパテ盛りで重くなっているので安定させるために
P1001060.jpg P1001061.jpg
かかとに磁石を取り付け。

P1001043.jpg P1001047.jpg
腕もボールジョイント関節を付けます。

やはりちぃたんと言えばあのエキセントリックな動きでしょう。
バット
「倒れない棒」に負けないちぃたんを目指します。




模型・プラモデルランキング







どーも、kohi123です。


旧キットばかり作ってる私ですが古いプラモを作っていると小学生時代の懐かしい気持ちに戻れて癒されます。

小学生で思い出したのですが、皆さんコレの名前知ってます?
ラーフル
小学校に必ずある黒板消しですが、コレの名前を鹿児島人しか知らないってことを最近知りました。
コレは「ラーフル」と言うのです。
鹿児島の小学校では「ラーフル取って」とか「ラーフルで拭いて」など普通に使います。
話によると工場が鹿児島にあって自然に地元民に名前が溶け込んだ様です。

なんでこんなマニアックな話をするかというと、親しくさせて頂いてるブロ友さんが平成生まれだそうです。

げぇ
Kohiショック!

私のブログを覗いて下さるのは同年代のオッサンばかりだと思っていたのですが まさか平成モデラーさんも見てくれているとは…。
こんなマニアックなブログを理解して頂けているのでしょうか?
 
ブログに多々出てくる
atoranza.jpg
「アトランジャー」や

アニメージ
「ザ・アニメージ」

2016051121020001.jpg
「サザンクロス」など
解って頂けてますでしょうか?

たまに同世代でも解って頂けないときもありますが、これからは色んな世代の方に解りやすいブログを目指さねばと思う次第であります。

次いでに懐かしモノにもう一個。

これを覚えてる方は同世代。
kori.png
若い方は何に使うかも解らないのではないでしょうか、
これは昭和の「製氷機」です。
プラッチックのは今でもありますが、昔は金属製でした。

出来上がった氷を真中のレバーを上げて取り出すのですが、
濡れた手で触ると手の皮ごと剥ぎ取られるヤバイ奴です。
子供の頃何度手に引っ付いて取れなくなったことか………。

懐かしいな~~………

って、 さっき老若男女に解りやすいブログにしようと言ったばかりなのに!
私にはこのスタイルしか出来ないみたいです……
なので 皆さん頑張ってついて来て下さいね。

はッ!  誰もいない!………………………。

そして



模型・プラモデルランキング
どーも、kohi123です。

「見た目はオッサン 中身は乙女! 真実はいつもひとつ! じっちゃんの顔にかけて!」

と、私の心の乙女が定期的にカワユサを欲してくるので「フルアクション エルガイム」を投げ出して「荒ぶるカワウソ神 ちぃたん」を製作中です。
イラスト (1)
ちなみに私の乙女心が他に好きなキャラは、
おじゃる
「おじゃる丸」
か…、可愛い……。

P1001016.jpg
「育児バビデブーの コーちゃん」
マイナー過ぎて誰も知らない…。

そして
P1001014.jpg P1001015.jpg
「マカロニほうれん荘の キンドーちゃん&トシちゃん」

40年前のマンガなのにギャグが一切色褪せない名作!
私のブログを見てくれてる人は同年代が多いので知ってると思いますが、ナウなヤングな方々はどうにか調べて一読してください。

当時はプラモも出てたみたいですが今まで現物を見た事無いし、ネットに出品されてても高額で手が出せないのでいつか自作したいと計画中です。(たぶん閲覧数が激減するでしょう……)

さて、本題「ジバニャンからのちぃたん」製作記事に入ります。
P1001012.jpg
前回ボディの下地が出来ました。
しかしこれを着るには背丈が小さすぎるのでジバニャンボディの延長を致します。

P1000946.jpg P1000948.jpg
上半身と下半身を接続しているジョイントにノコを入れます。

P1000949.jpg P1000950.jpg
切り離した後、いらないランナーで延長します。

P1001013.jpg
透明プラ棒で補強して これくらい長くしました。

P1001017.jpg
接続するとこんな感じ。
ウェストギュ―――ン!の極細です。

P1001018.jpg
この上に前回のボディを着せます。

P1001019.jpg
スッポリ綺麗に収まりました。

ここで気になるところを修正。
上半身を動かすと腰の空洞が見えてしまうので
P1001021.jpg
洗面所に転がっていたナニかしらの化粧品のフタ?

P1001022.jpg
これを無理やり腰にツッコミ。

P1001023.jpg
いらない部分はカットしました。
これで腰を動かしても空洞が隠せます。

P1001025.jpg P1001026.jpg
で 出来上がったのがコチラ。

P1001033.jpg P1001032.jpg
腰に関節が入ってるので左右・前後に可動・回転します。

次回は足をいじります。

Screenshot_20180430-170157.png



模型・プラモデルランキング









どーも、kohi123です。

今回も「ちぃたん」続きです。
2018030800075_1.jpg
「ちぃたん超高空竹馬 動画」
この「ジバニャンからの~ ちぃたん」は私の乙女心全開の趣味で作っているので閲覧数が激減すると覚悟してました。
しかし思いのほか閲覧数は伸びていてパチモンしか作って無かったときより劇的に変化。

今までの訪問者はマニアックなオッサンばかりだったのですが、どうやら女性が増えてきている様子。
……『常連の皆さ~ん、私が下ネタばかり言ってるのは秘密ですよ~』(小声)………。

さて、今回も華麗なる製作記事を(キリッ!)

P1000997.jpg
前回までに顔の下地が出来ました。

P1000999.jpg P1001000.jpg
しかし体が小さすぎで「SDちぃたん」になってます。
これはこれでカワユイのですが今回は珍しくアレンジ無しの設定通りに作ります。

P1000962.jpg P1000965.jpg
まずは子供部屋に転がっていたボーリングのピンを拝借してノコでカット。

P1001008.jpg
3分割にカットしました。
ピンの素材が何か解りませんがペコペコで頼りないので

P1001009.jpg
薄いプラ板を短冊に切り出して

P1001010.jpg
ピンに貼りつけて下地にします。

P1001011.jpg
この上にエポパテを盛り付けました。

P1001012.jpg
これが体の下地になります。

私の製作スタイル「あるもので安く」で、出来るだけジバニャンの素材とその辺のモノを利用して作りたいと思います。

次回はバディを。



模型・プラモデルランキング


WHAT'S NEW?