Photo Gallery

どーも、kohi123です。

なが~~~~~~~~い足の表面処理を途中で放棄して、今回から腕の作業に移ります。

image0287.jpg

ude1 (6)
「リゼル」の腕は四角系で「ハンブラビ」の腕は丸系です。
四角系が好みなのでリゼルを基本に造ります。

asi6 (12)
足を長くし過ぎたせいで腕が小さく短く感じるので、増幅していきます。

ude1 (13)

ude1 (14)
まずは中のフレームをカット。

asi7 (9)
ここからは私の大好きな「切った・貼った」の繰り返しです。
白い部分が延長した場所。2mmプラ棒2本づつを挟んで、
縦横計4mm増幅しています。

asi7 (2)

asi7 (5)
左腕のみ延長してみました。
少し長すぎた?
右腕も同じ工作をしますが、少し短めに調整しようと思います。

これくらいの作業なら1時間くらいで すぐに出来るのですが、
この後の調整や、ディテール、表面処理に何日も掛かるんですよね~…。
それでも足よりは早く終わるかな?

次回は腕に付いている
「タ~カ~の つ~めぇー!!」

takano.jpg


模型・プラモデルランキング
スポンサーサイト
どーも、kohi123です。

前回ハンブラビの嫌いな足の穴を自己解釈でバーニアノズルに交換したのですが、
asi3 (4) asi3 (5)

ハンブラビの足にはまだまだ穴が開いている場所があります。

image0234.jpg asi3 (13)
足の横に付いてる羽にも謎の穴が…。
この穴が非常~に「嫌い」。
目線が全部そっちに持っていかれます。
なので ここも自己解釈で変更します。

まずは羽を取り付ける基部を造るのですが、
asi3 (6)
大量購入したジャンク品の何かのパーツを利用して基部にします。

羽ですが、
asi5 (4)
1mmプラ板を3枚切り出し重ねて基部に差し込みます。

asi5 (1)
穴が開いているのが嫌なのでココもノズルパーツで誤魔化します。

asi4 (14)
取り付けですが 仮に付けたノズルパーツごとピンバイスで下穴を開け、

asi4 (15)
少しづつ径を大きくしてノズルごと入る穴を開けます。
ちなみに下から7mm・6mm・5mmです。

asi4 (11) asi4 (13)

asi4 (17) asi4 (16)

こんな感じになりました。
それでも本当はこの丸いノズル自体付けたく無いのですが、
元デザインが丸穴だからしゃーないです。

1/144と小さい上に角ばった足にしたせいで表面処理が大変です。

切り貼り→サフ吹き(継ぎ剥ぎだらけ)→パテ埋め→サフ吹き(デコボコ)→
ヤスリ掛け→サフ吹き(傷だらけ)→ヤスリ掛け→サフ吹き(エッジ無くなる)→
ヤスリ掛け→サフ吹き(ヤスリすぎで穴開く)→穴埋め・ヤスリ掛け→サフ吹き→
永遠と続く(終わりが見えない&サフ1本無くなる)……。
なんの修行でしょう?……

最近はブログ記事を2~3個程ストックしていたのですが、
このヤスリ&サフ地獄に入って在庫も書くことも無くなってしまいました。

次回は「プ@カップ」主催のこばゆうさんがされていた、
「ガンプラモデラーに100の質問」(戦いは数だよ兄貴のかさばる兄さんさん考案)
で間を繋ごうかしら?……。

 


どーも、kohi123です。

前回ハンブラビの足の延長が終わり、全体のスタイルは完了しました。

asi3 (8)

今回はハンブラビにパンタロンを履かせようと思います。
image0559.jpg

image0566.jpg
リゼルの足は角ばっていますが、ハンブラビは末広がり状に開いているので
少しだけ形状を近づけます。

asi3 (18)
35年前買った1mmプラ板で箱組みを造ります。

asi3 (4) asi3 (5)
こんな感じに装着します。
イメージ的にはバーニアカバー?みたいな?

asi3 (19)
足の内側には謎の穴が3個開いています。
この穴自己主張が強くてカッコ悪いな~と思いつつも、
雰囲気だけでも近づける為リゼルの大きく欠いた裾をプラ板で延長します。
(正確に測って切り出していない為 隙間がありますが、後でパテ埋めします)

穴の表現はカッコ悪い上にその場所に関節タボがあるので開口出来ません。

asi5 (5) asi4 (2)
そこで市販のユニットパーツを取り付け、
バーニヤ?という解釈に無理矢理します。

asi3 (2)
仮ですがこんな感じでしょうか?
でも本当はこの丸が自己主張強くて付けたく無いッス…。

この謎の穴はここ以外に足の羽にも開いていて、
asi3 (13)
事故市長じゃない、自己主張が強く
目線がそこにいくのでとてもイヤです。
このハンブラビのデザインをしたのがエルガイム等の「永野氏」らしいのですが、
箇所モビルスーツ感らしからぬ癖が強い部分があります。

でも私は、

リゼルより普通にハンブラビが好き……。

永野x



模型・プラモデルランキング

どーも、Kohi123です。

「リゼルからの~ハンブラビ」今回も足の続きを。
image0581.jpg

image0566.jpg
リゼルの足は角ばっていてハンブラビはツルんとしています。
個人的には角ばってる方が好みなのですが、余りにも違い過ぎるので
少しだけハンブラビに近づけます。


image0584.jpg
まずは足の関節部を両方ともカット。

asi001 (15) asi001 (7)
軸穴の場所が違う為、リゼルのジョイント部分をもぎ取ってハンブラビに移植します。

asi001 (14)
関節部分で負担が掛かる為 虫ピンで芯を入れておきます。
(普通は真鍮線でするんでしょうけど虫ピンの方が安いから)

asi001 (8) asi001 (19)
突き刺したらこんな感じ。

asi001 (18)
保持力を高める為 いつものベビーパウダーパテを盛って、

asi001 (17)
その上にポリパテを盛って乾燥を待ちます。

asi001 (13) asi001 (12)

asi001 (10) asi001 (11)

写真で見て解る様に私の作業は非常に「雑&テキトー」です。
形になるまでは早いのですが、寸法も図らずプラ板・プラ棒を剪定ハサミで
ジャキジャキ切り出し、貼って、削りながら調整していきます。

な~の~で~!!
後から地獄の表面処理が待っています。

この足も今から削り出して形を造っていくことになるのですが、
削りすぎて穴が開いたりエッジがダルくなったりと時間がかかりそうですね。

最初から図って切り出せばいいのに……。


模型・プラモデルランキング






どーも、kohi123です。

前回ハンブラビの足の延長を試みました。
image0571.jpg image0572.jpg
しかし、足元が気に入りません。

image0569.jpg
足元がドンベタなのでシークレットブーツを履かせようと思います。

image0579.jpg
最近ジャンク品を(パーツのみ)大量購入致しまして、
その中にあった 何かの腕パーツ?を使います。

image0578.jpg
腕パーツを接続してヒールにしました。(簡単)

image0566.jpg
元キットのハンブラビは背が低いくせに
靴の大きさだけはリゼルと変わりません。

そこで、
image0573.jpg
ハンブラビの靴をバラシ、

image0580.jpg
リゼルの足底をハンブラビの靴で挟みます。(簡単)

image0583.jpg
ほんで、この状態。

image0582.jpg image0581.jpg
シークレットブーツで更に背が高くなったので、
前回の6mm延長は伸ばしすぎかもしれませんね。

次回は足関節を。


模型・プラモデルランキング


WHAT'S NEW?