Photo Gallery

どーも、kohi123です。

ハンブラビ全体の工作はほとんど出来て、残すは顔と背中の羽のみになったのですが、

asi hane (62) asi hane (63)

その前に今までテキトーに作ってきた部分の調整と表面処理をかましていて足止め食ってます。

一番最初に手を付けた胴体などは、色んなパーツからの寄せ集めで(リゼル・グフ・シナンジュ・ギャン)繋ぎ目に隙間だらけの為 更に時間を取られてます。

以前はどうせ人に生で見せないし(友達いないから)ちょっとくらい表面処理甘くてもいいかな?と思っていたのですが、
今の写真の画素数がいい為(特にTwitter)汚いのがバレバレ。
だから あんまりじっくり見ないでね。
「恥ずかしいから部屋の電気消して♥」

って感じ………。 全然進んでないです。
しょうがないので小ネタを少々。

image0062.jpg image0487.jpg
脇腹にダクトの様なシイタケがあるのですが(脇の黒い部分)
キットのままだとシンプル過ぎるので自家栽培していきます。

でも、シイタケ処理は結構メンドクサイ工作なので、
相互リンクさせて頂いている「戦いは数だよ兄貴」のかさばる兄さんさんが前に紹介されていた方法を試していきたいと思います。

使用するのは「日本三大祭り」の一つと言われる、

パン
「ヤマザキ 春のパン祭り」

asi hane (37)
の留め金。
ウチの朝はパン食で毎日が春のパン祭り状態なのでコレが大量にあります。
いつもはプラ板替わりに使っているのですが コレでシイタケを造りたいと思います。

asi hane (38)
まずは瞬着を点付けしてブロックを作り、テキトーに金ヤスリでゴリゴリ削っていきます。

asi hane (39)
削った部分をノコで切り出して2山と3山のパーツを交互に貼り合わせていきます。

asi hane (40)
すると この様なシイタケが出来ました。

ハンブラビに取り付けると、
asi hane (41) asi hane (42)
こんな感じ。
少し厚いですが、お金をかけずに0円で造れるから文句はいえません。

8月末に締め切りだというのに表面処理は山の様に残っているし、
ディテール・スジボリもしないといけないし、顔と羽と武器は手つかず…。
塗装は奥ちゃんにバレない様に留守の日にしないといけないので何時になることやら…。
なによりレギュレーションの「旗」に至っては未だにノープラン…。

だみだこりゃ…。


模型・プラモデルランキング
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?