「 忍者ニャン 完成! 」

 12, 2017 09:45
どーも、kohi123です。

息子(小2)がデザインして 乳じゃない、父が造った
「忍者ニャン」完成致しました。

元々は 鹿児島で年一回開催される「鹿児島モデラーズコンベンション」に
恥ずかしがり屋さんの私が一人で中に入れないので息子をネタに
初参加しようと製作したのですが、残念ながら仕事の都合で参加出来ませんでした。

しょうがないので製作続行・ブログ上での完成披露になりました。
DSC_0089.jpg

image0393.jpg DSC_0091.jpg
息子のデザインと多少?違うのは、
ダメ出しの多い息子への小さな反抗です。

DSC_0095.jpg DSC_0098.jpg
手と刀にネオジム磁石を埋めているので刀を持つことが可能。

DSC_0094.jpg DSC_0099.jpg
余った手のパーツから足を造り、
股部に埋めたボールジョイントで接続してあるので
ポージングは自由です。

DSC_0100.jpg DSC_0097.jpg

退治した「ガシャ髑髏」は
image0384.jpg image0495.jpg

DSC_0111.jpg
ディアゴスティーニの「おしゃべりガイコツ・ホネッキー」です。
1巻のみ購入でおしゃべりしないまま忍者ニャンに退治されてしまいました。

DSC_0102.jpg

DSC_0107.jpg
1年前に造った「バスターニャン」との2ショット。
何ヵ所か壊されてましたが、写真撮影の為 急きょ修理しました。

DSC_0109.jpg

DSC_0108.jpg
一番最初に造った(造らされた)フユニャンとの3ショット。

「フユニャン」は30年ぶりのプラモ復帰第一号で全て筆塗り(汚い)
「ジバニャン」は少し慣れてスプレー缶と筆塗り(厚ぼったい)
「忍者ニャン」は初めてのエアーブラシ塗装で綺麗に吹けたが、
額のマークに色が滲んで修正するも失敗(やっぱり色塗り下手くそ)
妖怪ウォッチで成長する私の塗装技術…。
次回「〇〇ニャン」を息子に造らされる時こそ塗装を究めたいです。

DSC_0110.jpg
さて、次回は
只今リンク仲間と開催中の「プリンのプカップ@エキシビジョン」で製作中の
「リゼルからの~、ハンブラビ」に戻りたいと思います。

image0529.jpg
「プ@カップ」では新たな参加者を募集中で~す。
気になる方はコメント下さい。


模型・プラモデルランキング













スポンサーサイト

COMMENT 12

Fri
2017.05.12
18:35

テツ(8641FS) #-

URL

こんにちは~

ホネッキーが一言も話すことなくお陀仏に!!(笑)

でも、エアブラシデビューでの完成、おめでとうございます。
ニャン三銃士も圧巻で、これなら息子さんもプラモに興味をしめすんじゃないですか??(希望)

そして忍者ニャンの頭部の黒い鈍い光り方が黒好きな自分の大好物!!
中国製ハンドピース、良い仕事してるなぁって感動です!!
kohi123さんなら、塗装でも今ある道具を応用して何かしそうなんで、
ハンブラビがどうなるのか楽しみ~!!
では、また~

Edit | Reply | 
Fri
2017.05.12
19:10

どーも、かたっち☆・・・です♪

エアーブラシ・デビュー、そして「忍者ニャン」完成、おめでとーございます!

メカ(ロボ)だけじゃーなく、フィギュアっぽいモデルも、意外に多く作られてますねぇ(笑)。

息子さんが、最初、描かれた絵では「口」が隠されていて、自分も、そーした方が(パテ等で埋めたほーが)忍者・要素が上がったよーにも思うんですけど、そーすると「ニャン(猫)」って事が、判りにくくなっちゃうのかなぁ? なんて・・・(汗)。

あれ? 今、気付いたけど「ジバニャン」って、ヒゲ生えてないのね! ←まだ、子供だから?

「ハンブラビ」は、もー「エルガイムMK-Ⅱ」みたいな、魅力あるカタチ(デザイン)に、成り始めてる感じ・・・。

これを、グレーに塗装して仕上げたら、面白いかも(笑)。 

Edit | Reply | 
Fri
2017.05.12
23:11

こばゆう #-

URL

忍者にゃん完成おめでとうございます!お疲れ様でした!

塗装スキルアップ着実ですね( ´∀`)
模型の基本はトライ&エラーですから、新しいことをどんどん取り入れて、どんどん失敗して上手になってください!

リゼル×ラビも期待しかありませんねヽ(*´▽)ノ♪

Edit | Reply | 
Fri
2017.05.12
23:34

14roe #-

URL

こんばんは!

忍者ニャン!完成おめでとうございます!!ヽ(^o^)丿

技術向上の確認に同一ネタを利用するのは定規が均一で分かり易くていい事では?(^^♪
という事で息子さんからの次回作案求む!(笑)

ホネッキ―の上で刀を構える忍者ニャンカッチョイイ~(^^♪

Edit | Reply | 
Sat
2017.05.13
08:24

kohi123 #-

URL

Re: タイトルなし

テツさん こんにちは~。

ホネッキーは忍者ニャンに倒されて骨の躯になりました。(最初からか?)

ジバニャン三銃士は息子に献上して壊される運命です…。
息子は妖怪ウオッチが好きなだけでプラモには興味は無いようです。

中国製 Wハンドピースはボタンの調整が効かず常に一定の太さで塗料が出ます。
これでは同時に買ったタミヤのシングルピース(中古)と同じなので
壊れるの覚悟で針を研いでみようと思います。
たぶん 取り返しのつかない事になるでしょう…。

Edit | Reply | 
Sat
2017.05.13
08:35

kohi123 #-

URL

Re: タイトルなし

かたっち☆さん こんにちは~。

かたっち☆さんにアドバイス頂いたエアーブラシでの塗装なんですが、
やっぱり失敗しました…。
マスキング不足と塗料の吹きすぎ?で滲んで大変なことに…。
やっぱ塗装って、難しいですね…。

忍者ニャンの口のマスクは 私が忍者と言えば「ハットリくん」なので
口をだしたのですが、息子は何故か気づいていないみたいです。

「ハンブラビ」は現在 胸・肩・腰の仮作業が終わって
足に取り掛かっています。
エルガイムとデザイナーが同じ永野氏のようですが、あまり
あちらに引っ張られないように無難なデザインでいくつもりです。

だって、「永野より、普通に、カトキが好き~!」。

Edit | Reply | 
Sat
2017.05.13
08:43

kohi123 #-

URL

Re: タイトルなし

14roeさん こんにちは~。


ジバニャンシリーズも今回で3個目です。
息子は次に「信長ニャン」を造れと言ってきてます…。
私的には信長より「秀吉ニャン」の方がいいのですが、それが息子オリジナルなのか
実際にあるのかは解りません。 
でも、ジバニャンはもういいかな~…。

ホネッキーは退治されましたが、私の中では一番造りたかったのはホネッキーの方だったんです。
本当はこの形で腕まで造りたかったのですが、「鹿児島コンベンション」にも出なかったので
このままになっちゃいました。


Edit | Reply | 
Sat
2017.05.13
12:51

kohi123 #-

URL

Re: タイトルなし

こばゆうさん こんにちは~。

塗装やっぱり失敗しちゃいました…。
これも、中国製のハンドピースのせいです。
けして、100均のマスキングテープを適当に貼って隙間から漏れたんじゃありません。
中国のハンドピースに日本語が通じなかったからです…。

ハンブラビの塗装までには中国語をマスターしようと思います。

Edit | Reply | 
Sat
2017.05.13
20:22

kobaruto #-

URL

初めまして!こんばんはw

ブログへのコメントありがとうございました。

息子さんデザインなんて微笑ましいなあ(●^o^●)
小さな反抗ってところがウケますがねw

ハンブラビは独特のデザインになりそうでワクワクしてます。

Edit | Reply | 
Mon
2017.05.15
01:17

かさばる兄さん(かさ兄) #-

URL

kohi123さん、こんばんは!

にんじゃにゃん完成おめでとうございます^^

あえて脚部が可動式なのが新鮮ですね!
あれだけ細くても、実質は二股の尻尾により、
4足なので、超安定しているというねw

そしてホネッキー台座カッコイイ!w
これいいアイデアだなぁw
リアルすぎないところが、妖怪ウォッチの世界観とも合ってるし。
がしゃどくろの上に佇んで、
マフラーがなびく姿はいっぱしのヒーローでありますw

おつかれさまでした^^

Edit | Reply | 
Mon
2017.05.15
08:07

kohi123 #-

URL

Re: 初めまして!こんばんはw

kobarutoさん こんにちは~。

息子は額のマークが違うとか腹巻が無いとか ダメ出しが多いですが、
何故か口のマスクが無い事には気づいていないようです。

ハンブラビは仮の顔がリゼルにトンガリ頭を乗せただけで
全然似てないので 最後に調整してハンブラビに近づけるつもりです。

間違ってもイカにならないように…。

Edit | Reply | 
Mon
2017.05.15
08:15

kohi123 #-

URL

Re: タイトルなし

かさばる兄さんさん こんにちは~。

言われる通りに忍者ニャンは ほとんど尻尾で立ってます。
コレのお陰でホネッキーの不安定な頭の上でも立たせることが出来ました。

ホネッキーですが この作品の真の主役はコイツです。
本当は腕まで造りたかったのですが、時間切れでした…。

前に造ったバスターニャンのときに この構図でウィスマロンを造りたかったのですが、
今回の忍者ニャンでリベンジ出来ました。

ただ斜めにカットしただけですが…。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?