「 過去からの光 」

 25, 2016 12:57
MIYA16021200DSC_1905_TP_V1.jpg

夜空に輝く満天の星。
鹿児島には星空がきれいに見える場所が沢山あります。
 
幼少の頃「子供が宇宙の事を考えるとバカになる」と聞いたことがある。
なぜなら 宇宙は世界観が大きすぎて普通の思考が追い付かないからだ。

今見ている星の輝きは「過去の光」。
世の中で一番速いのは「光」ですが、宇宙は広すぎて その光でさえ
届くのに何百年・何千年とかかる。

例えばアンドロメダ銀河の距離は250万光年。
光の速さで飛ぶロケットを開発しても アンドロメダに着くのは250万年後
ということになる。

そして、星にも寿命がある。
冬を代表する星座「オリオン座」。
その右肩に赤く輝く640光年先の「ベテルギウス」は寿命が近づく赤色巨星、
いつ超新星爆発をおこしてもおかしくないらしい。

今見ているオリオン座の輝きは約640年前の姿。
ドラえもんの「どこでもドア」を開けると、既にそこにベテルギウスは無くなって
いるかもしれません。

640年前といえば室町・足利義満の時代。
現在 室町時代の光を見ているのだ。

う~ん いかん、
考えすぎて これ以上バカになったら困るのでもうやめます。

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?